精力剤の基礎知識

陰圧式勃起補助具とは?

ED(勃起不全)の場合のED治療としては一般的にはバイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬を飲むことで約80%の方が治療することができます。

 

しかし、薬を飲み続けなければならず保険の適応外のED治療薬は経済的にも負担が大きい場合があります。ED治療薬を飲まないでEDを治療しようとした場合は男性ホルモンのクリームを太ももの内股に塗るという治療方法もありますが、あまり一般的ではありません。

 

EDの先生がオススメしているのが陰圧式勃起補助具と呼ばれるものです。主に糖尿病や高血圧の薬の副作用により勃起不全になってしまった方向けの治療方法として知られており、正式な医療用具の認可がとれているものです。※一部医療用具の認可がとれていないものもありますので、ご注意ください。

 

使用法は、プラスチック製の筒状のシリンダーを陰茎にかぶせます。次にポンプを押すことによってシリンダー内の空気がなくなり真空状態になります。

 

海綿体へと血流が流れこみますので、自然と勃起状態となります。勃起状態になりましたら陰茎の根元をリングで締めることによって海綿体へ血流を維持ができるので、勃起状態た保たれます。

 

この陰圧式勃起補助具は薬も飲みませんし、体への負担は少ないのですが、性行為の前にこの作業をしなければならいという点があります。男性として恥ずかしいですし、女性が見たときにセックスへの意欲がなくなってしまうなどの欠点があります。

 

陰圧式勃起補助具を使用する場合にはパートナーにとっても理解をしてもらう事が重要です。

300種類の中から選んだ精力剤

HERO
えっ!?こんなデカイの初めて・・・短小&カリ無し解消!であなたも英雄(ヒーロー)に!!
BIG FACTORY
まさに本物といっても過言ではない陰茎増大方法!チントレでもなくサプリでもなく「水」!事前に溶かした状態で摂取できるからナノレベルで浸透!元某有名AVメーカー独自制作していた商品が遂に限定一般販売開始!

関連ページ

不感症をスキンシップで解決しよう!(コピー)
人から肌を触られてもドキドキしない、まるで感じない、いやらしい気持ちにならない事を一般的に不感症と言います。
60〜70代も週1の楽しみで人生がもっと楽しくなる!
中高年以降は性力が落ちてしまいますが、健康的で充実した人生を送るには性行為は欠かせないものです。
60歳からのセックスを考える
60歳にもなると、若い頃のように下半身も言う事もきかず、射精をせずに下半身が萎えてしまい、セックスが終わってしまうというのもしばしばです。
60歳でも精力を保つ方法
日本では60歳代で定年を迎える年代ですが、今の60歳代は大変元気で、下半身の方もまだまだ現役で活躍している人が多いです。
心臓に負担の少ないセックス
セックスは100mを全力疾走で走る程の負担が心臓にかかると言われています。それほどまでに心臓がフル活動をして体力を消耗するものです。
加齢による精力減退を食い止める!
弱った精力をアップさせたい!男ならそう思いますが加齢による衰えには誰も勝つことができません
40代ならそろそろ精力剤
社会的にも気持ちはまだまだ若い働き盛りの40代も、精力の方は確実に下がってきています。
マンネリ解消法!
結婚生活や同棲生活、お付き合いしている時間が長くなるほどマンネリ化してくるのがセックスです。
エクササイズと精力の関係性
常日頃からジムに通ってエクササイズをしたり、ウォーキングをしている男性は、何もしていない人と比べても精力があるという結果がでました。
廃用性萎縮とは?
40代〜50代は精力、性欲、勃起力ともに下半身の機能が著しく衰えていく年齢です。
朝勃起は性力バロメーター
性力が弱くなってくると、朝勃起の回数、睡眠中の勃起回数が大幅に減ります。
性力アップのウォーキング方法!
人間は下半身の筋力から衰えていくので、身体の中で一番大きな筋肉である太ももを鍛えるのが効果的なのです。
年代別に女性が求めているセックス
男性は自分がイッたらさっさと寝てしまうというのが女性が思っているセックスの不満の一つです。
世界の精力食材「ロシアのアラリエハチミツ」
この蜂蜜はただの ハチミツではありません。ロシアでは4年に1度しか取れないと言われる「薬蜜」として、病中、病後の体力回復、滋養強壮、精力アップとして利用されています。
世界の精力食材「フィリピンのバロット」
今回はフィリピンの「庶民のバイアグラ」とも言われている大人気のバロットをご紹介します。フィリピン以外にも東南アジアの地域でも広く食されている食べ物です。
世界の精力食材「タイのヤモリ」
国が変われば食べ物も変わると言うことで、日本では食べないというようなものが海外では精力アップ、滋養強壮として食べられていたりします。
今こそドジョウで性力アップ!
日本で昔から食べられていた性力アップの食材と言えばウナギですね。最近はうなぎの漁獲量が減って天然物となるとほとんど幻状態になっています。
飲めばアソコがジンジン「高麗人参酒」
漢方としても有名な高麗人参ですが、中国にはお酒に漬けた高麗人参酒があります。
50代の為のピシャピシャ勃起力向上方法
年齢を重ねるごとに少しずつ落ちていく勃起力。若い時はお腹に反り返るほどの勃起力が50代ではほぼ平行に・・・。
世界の精力食材「ポーランドのジュブルフカ」
今回はポーランドのジュブルフカをご紹介します。ジュブルフカとはポーランド産のウォッカの事です。
ゆり根(百合根)で勃起力を高める!
古くは中国では「旦那に精力をつけるならユリ根を食べさせる」という言い伝えがあります。